お墓はいつ御参りするの?

一般的に言われているお墓参りの時期というのは、大きく分けると以下のようになります。
・お正月(1月1日から3日までの三が日)
・お彼岸(3月20日、9月20日の春分の日と秋分の日の前後)
・お盆(7月13日~16日、もしくは8月13日~16日)
・祥月命日(一周忌以降の当月の命日)

日本ではお彼岸は春分の日、秋分の日を挟んで前後3日間と言われており、比較的時間があります。
この間ならいつでもお墓参りに適した時期になります。
また、お正月や命日にも故人のお参りをすることは可能です。
たとえば、近所のお寺の中に墓地があって、そこでご先祖様が眠っているというような場合、初詣に行った後にお墓参りも済ませてしまうことができます。

春のお彼岸の後はお盆を迎えます。
故人が亡くなったばかりで、四十九日を過ぎてからのお盆は「初盆(新盆)」と呼ばれ、お墓参りから自宅での迎え火やお供えなど、一通りをきちんと行うようにします。
初盆は第一回目のお盆ということで、お坊様に読経して頂いたり、親族で集まるなどして故人を偲びつつ、出来ればみんなで墓参に行くと良いでしょう。

祥月命日については、四十九日から一周忌、三回忌(一周忌の翌年)、七回忌までは確実に済ませておきたいところです。
この期間中は故人が亡くなって間もないので、お坊様による読経、墓参をきちんと行いましょう。

以上が最低限行うべきお墓参りのタイミングですが、実際のところ墓参に明確な決まりはありません。
正月や盆などはあくまで形式的な部分であって、いつでも気の赴くままに墓地を訪れて良く、特に仲の良かった故人の所には時期に関係なく訪れる方もいらっしゃいます。
ご先祖様など最初から手の届かない方もいらっしゃいますが、自分の事、子供の事、あるいは仕事や趣味などどんな話でも良いので、生活に変化があれば報告に訪れ、見守ってくれていることへの感謝を報告してあげるときっと喜ばれるのではないでしょうか。