お墓のお手入れ

次のお盆に、久々に家族のお墓にでもお参りに行くか…と思ったら、まずはお墓のお手入れの方法を知っておきましょう。
基本的に墓地を参拝する時は掃除してから手を合わせたり、御供え物を供えるのが礼儀となります。
たまに順番が逆になっている方もいらっしゃいますので注意しましょう。

墓石の掃除の仕方は、まず持参したたわしやスポンジで汚れをしっかりと落とします。
こびりついた土汚れやホコリなどを落とし、拭ける場所は雑巾で拭いていきます。
洗剤を使用する際は、塩素系や研磨剤入りのものなど墓石を傷める可能性があるものは避けたほうがよいでしょう。
また、たわしもステンレスたわしのような強度のあるものを使用すると、石のツヤが無くなる原因となるので避けましょう。

墓石本体はもちろん、墓石の脇にご先祖様由来の小さなお墓や馬頭観音様の石碑がある場合はそちらもきれいにします。
ユニバーサルデザインタイプの墓石は、参拝者の腰かけ用の石がつくられている場合もありますから、そちらも合わせて汚れをふき取っておきます。

墓石などに彫刻が施されている場合、文字の中に細かい汚れがたまりますので、歯ブラシを使って汚れを落としましょう。
歯ブラシでも取れないほど細かい部分は爪楊枝(持ち手の部分)を使うと便利です。
花立てなど真鍮で造られている墓石の付属部分は、真鍮磨き専用の洗剤を使って下さい。
最後に、桶に汲んだ水で石全体を洗い流します。

掃除が終わったら、次に墓石の周辺に生えている草や落ち葉、その他のゴミを集めます。
卒塔婆が傷んでいる場合は廃棄用の場所がありますから、そちらに移します。

最後に、持参した花や供え物を飾ってお参りします。
もしも自分で掃除が容易でなかったり、参拝に顔を出すくらいしか時間が取れない場合は掃除だけでも代行して貰う方が良いかもしれません。
墓石に傷をつけず、きれいに掃除をして草むしりなどもして貰えますので、余裕があればそちらに頼むのも一つの方法です。
またこちらのお墓の知識についての記事も合わせて参考にご覧ください。