お墓の移動の手続き

お墓が全国各地に複数あるお宅や、ご先祖様が眠るお墓を自分の家の近くの墓地に移動する場合、「改葬」という手続きをしなければなりません。
改葬はいわばお墓のお引っ越し。墓石ごと移動することもできますが、移転先の状態によっては不可能となる場合もあります。

お墓の移動に必要な手続きは、まず移転前のお墓のある霊園やお寺へ行って、移動の理由を説明し、お寺ならば檀家から抜ける旨を承諾して貰わなければなりません。
ご先祖様ゆかりの菩提寺なら、今まで長い間お世話になったお礼なども合わせて行うようにしましょう。
尚、檀家を抜ける際は「離檀料」がかかります。

墓地の管理者から承諾を得た後は「埋葬証明書」を発行して貰います。
ついで、お墓の新しい移動先の管理者からは「受入証明書」を発行してもらいます。
証明書については1通ずつ発行手数料がかかります。

次に、「改葬許可申請書」を作成し、移転前の市区町村役場の戸籍係(市民課)にこれらの証明書を提出したあと、「改葬許可証」を発行して貰います。
(移転前のお墓がお寺ではなく公営墓地の場合、さらに「墓地返地届」を作成して提出する必要があります。)
お墓の移動は決して楽な作業ではありません。
改葬許可申請書は人数分作成しなければなりませんが、住所や本籍地などの記載が必要になりますので、戸籍を取り寄せるなどの作業も必要になります。
比較的時間のかかる手続きですので、余裕のある時期を選んで作業するようにしましょう。

書類の提出が終わったら、お墓を解体し、ご遺骨を移動する手配を行います。
まずお坊様によって「魂抜き」を修して頂き、お寺や霊園に一時預かりをしていただきます。
その間に墓石を解体もしくは移転先に運搬します。
最後にお墓を更地にして返して終了です。

移転先では、改装許可証を出したあと、運搬してきた墓石を建てるか、お墓の建設に入ります。
一時預かりのお骨は、移動先にお坊様を招いて「魂入れ」を修して貰うことで、元通りお墓に収めることができます。
失敗しないお墓探しについても参考にご覧ください。