お魂抜きとは何か

「御魂抜き(みたまぬき)」とは仏教における供養の一つで、お墓を移動させる「改葬」や、墓地からお墓とお骨を撤去する際に必要となる儀式の事です。
別名「閉眼供養」とも呼ばれます。

一つのお墓に何人もご先祖様が入っていて窮屈になってしまった、あるいは二つ以上お墓があるので統合したい、もしくは永代使用料などを支払うのが困難になったのでお墓を手放すという場合でも、骨を抜くために御魂抜きが必要になります。
お墓から骨を抜く時に必ず行われるもの、と考えれば良いでしょう。

お骨を引き上げる際は、墓石の移動からお骨の埋葬までを一貫して専門の業者に依頼をするのですが、御魂抜きについてもそのつどお坊様に来ていただかなくてはなりません。
実際、お墓を新しく建てたときには「御魂入れ」(開眼法要)をしなければなりませんから、お坊様の出番は最初と最後の二回になるというわけです。
自分で全てできるからといって、墓石をずらして骨を入れただけでは正式な埋葬方法とはいえません。

「御魂入れ」同様、御魂抜きの際は家族、親戚、故人の関係者などにも集まって貰うことが望ましいとされています。
引っ越しと同じように考えれば分かりやすいですが、最近では関係者だけの簡素な御魂抜きも広く行われるようになりました。
またお坊様についても、昔は菩提寺の住職が必ず法要を執り行ってきましたが、現代では菩提寺に関係なく、宗派だけ合えばOKという雰囲気になってきているようです。

御魂抜きの順序としては、お坊様に読経をしてもらっている間、カロート内にあるお骨を取り出します。
もしもお骨が入っていない場合は土を骨に見立てて取り出すように定められています。

こうして取り出されたお骨は、新しい墓地や永代供養墓へと移されるわけですが、そこでも魂が安心して眠れるようにと、御魂入れの儀式を行うことになります。
お骨の引っ越しやお墓を手放す際は、必ず前後の法要を行うようにしてください。