法要の種類とその意味とは

お坊様を呼んで読経をしていただく法事は日本に古くから伝わる習慣ですが、家ばかりでなくお墓にお坊様をお呼びする場合もあります。
今回は、お墓にまつわる法事について考えてみたいと思います。

・お墓開き(開眼供養)
宗派によって開眼法要、入魂式、魂入れ、性根入れ、建碑法要(浄土真宗)などと呼ばれ、微妙に名称が異なりますが、一般的に「お墓開き」と呼ばれる法要は、僧侶にお墓に立ち会って頂き、読経をして貰うことによって墓石に魂を入れる行事です。
私たち一般人が読経をしても魂を入れることはできず、必ずお坊様に読経をしていただかなければなりません。

お墓を購入した人がまだ生きている場合「生前墓(寿陵墓)」と呼ばれますが、生前墓についても同様に法要を行います。
亡くなってからよりも、生前にお墓を建てておくことは非常に縁起の良い行為とされ、墓石を建てっぱなしではなくきちんと法要を修めて頂かなくてはなりません。

新たにお墓開きをする際、遺骨を移し替えるなどする場合は、納骨も一緒に行われます。
納骨法要は開眼供養とは違うものですが、同時にすることは可能です。

・納骨法要(魂入れ)
お墓開きと混同されがちですが、こちらも魂入れと呼ばれています。
新たに建てたお墓にご先祖様や故人のお骨を入れるための法要です。
菩提寺や近くのお寺に納骨法要をお願いすれば、希望の霊園まで来ていただくことができます。
都合の付く日を調整していただき、家族の立会いのもとで法要が行われます。

お骨を墓石内へ入れる時は、自分達で勝手に納骨することはできません。
お坊様に心を込めて読経をして頂きながら納骨することが正式な段取りとなります。
墓石をずらす際も、石材店の協力の元、墓石を開けていただく必要があります。

・閉眼供養(魂抜き)
納骨法要とは反対に、お墓を撤去したり、お骨を回収して改葬する際に行われる法要です。
魂抜き、性根抜きなどとも呼ばれています。
魂入れと同じく遺族が自分でお骨を回収することはできません。