近年の流行のお墓の様式

日本のお墓というと、昔ながらの長方形のタイプが圧倒的に多く、たまに神道のお墓やキリスト教のお墓を見かけるくらいで、仏教式がほとんどではないでしょうか。
しかし、最近になって仏教式以外に流行のきざしをみせているお墓があります。
「洋型墓石」と呼ばれるもので、縦長の長方形の墓石ではなく少々横が長いタイプの、背が低い四角形の墓石です。

洋型墓石は横に広い形をしているため、仏教式墓石よりも安定感があり、台座の上にきちんと載ってバランスが取れているので、地震などの災害に遭っても倒れにくいという特徴があります。
通常の仏式の墓石は「南無妙法蓮華経」とお経文を刻むなどして宗派を示す場合が多くみられますが、中には仏教徒であることをあまり前面に押し出したくない方もいらっしゃいます。
そのような方にも洋型墓石が好まれる傾向にあるようです。

「無宗教でも気兼ねなく建てられるお墓」というイメージがありますが、その前に洋型墓石には自由な発想でデザインしやすいという特徴があり、色や石の素材、墓石に刻むメッセージなど、自分で好きなように決められる自由度の高さが魅力の一つとなっています。
もちろん、世界に一つだけのお墓にアレンジすることも可能です。

また最近では、芝生に墓石を置く「芝生墓地」が増えてきているため、その土地に合わせた墓石が求められていることも洋型墓石の普及の理由となっています。
欧米に多くみられる芝生墓地はクリーンで清々しい雰囲気があり、これからさらに国内に普及するものと考えられます。

洋型墓石は、台座の上に石を置く「オルガン型」「ストレート型」と、地面に直接埋め込む「プレート型」の三種類が主なデザインとなっています。
いずれも高さが低く、遠くまで見渡せるため視野が広く・明るくなり、墓石自体がそれほど大きくないので掃除もしやすくなっています。
後から参拝にきてくれる子孫への配慮として、洋型墓石を採用するという方法もあります。