お墓にまつわるいろんな行事

全国各地の霊園や墓所では、毎年決まった時期になると年中行事として各種イベントが催されます。
その代表的なものを以下に挙げてみました。
・お盆
7月13日~16日もしくは8月13日~16日
お盆と言えば8月をイメージする方も多いかと思いますが、関東(主に東京)、東北地方は7月をお盆の時期としているところも多いようです。
そのため、霊園によっては7月にお盆のイベントが開かれているところもあります。
期間中は各霊園にて、宗派ごとの供養や合同供養などが行われます。
またお盆ならではの習慣として、ロウソクやキャンドルを使っての「送り火」のイベントも行われます。

・お彼岸
春:春分の日の前後3日間
秋:秋分の日の前後3日間
お彼岸の時期もお盆同様に、合同供養が行われたり、僧侶をお迎えしての読経に立ち会うことができます。
ただし参加するには事前の申し込みが必要な場合もあります。

・その他
霊園によっては、朝市や植木市、フリーマーケットを開いているところもあります。
広々とした土地を活かして開かれる市場は密かな人気となっており、なかにはいちご大福が名物となっているところもあるようです。
また、園内を清掃するボランティアなども各地で開催されており、これも霊園ならではのイベントの一つと言えます。

以上が全国の霊園で行われる行事になりますが、中には霊園独自のイベントを設けているところもあります。
お祭り形式で屋台を出し、花火を打ち上げて故人を偲ぶ壮大なイベントや、灯篭流しなども催されています。
特に花火などは人気で、お盆の時期にしんみりとした気持ちになるのではなく、故人を想いながら「楽しむ」というスタンスが非常に人気があります。

日本では死者を畏怖する意識が強く、「お墓参り」にはなんとなく暗いイメージを抱きがちです。
しかし、故人も含めて再度絆を確認できるのはお盆やお彼岸だけ。
亡くなった方へ会いにくるついでに、イベントに少し顔を出してみるのも良さそうですね。