お墓にまつわるいろんな費用

お墓にまつわる費用には、大きく分類すると以下のようになります。
・墓石の価格
・永代使用料
・墓地管理費

墓石の価格というのはまず、お墓自体にかかるお金です。
墓石の種類、デザイン、大きさ、その他彫刻の有無などによって加工費や文字彫刻代がかかり、金額が微妙に変化します。
カタログなどには載っていないオリジナルのお墓を造ろうと思ったら、デザイン費も含めてそれなりの費用がかかることを覚悟しなくてはなりません。
また、耐震強度を上げたり外枠を補強するなどの工事を含めると、さらに料金は高額になります。

こうしてお墓ができたら、墓地に入れるための工事費用が新たにかかります。
現場の地盤や地形に合わせて基礎工事を行わなければなりませんので、自分で工事することはできません。
施工に際して、墓地の地盤が弱い場合は杭や基礎固めを十分に行います。
土台をつくった後は玉石を入れ、外見をきれいに整えます。
石材店によっては、最初から工事費用がお墓代に含まれているところもあります。

次に、お坊様に法要を修して貰い「開眼式」を行います。
もちろんただではなく、お布施と称した費用が必要ですので準備しておきましょう。
幾らですかと値段を聞くことはできませんが、最低でも数万円からが基本となりますので、あまり費用を抑え過ぎないように気を付けましょう。
ここまでを全てまとめて、「墓石の価格」になります。

次に「永代使用料」ですが、墓地を使用する権利を得るためのお金です。
霊園や寺社に支払うことで、その土地をはじめて借りることができます。
土地を使用する権利ですが、他者へ売買することができません。

最後に「墓地管理費」ですが、これはお墓を借りるのとは別に墓地を管理してくれている所へ支払うお金です。
墓地全体や施設全体を管理するための料金ですので、お墓そのものというより墓地が存続するためのお金といっても良いでしょう。
ちなみに寺院が所有している墓地にお墓を買う際は、檀家となってお寺に支払うお金も必要になります。
公営墓地購入のメリットこちら参考にご覧ください。